水宅配で変化する水ボトル

水宅配を利用する人が増えているそうです。水宅配では、自宅まで新鮮なお水を届けてもらえるのですが、この水ボトルが変化してきているそうです。今まで12リットルのボトルが主流でしたが、女性やお年寄りでは持ち上げることが困難だということ、一人暮らしでは余ってしまうという問題がありました。


【ハーフサイズの水ボトル】

そこで登場したのが、今までの半分程度のサイズになった水ボトルです。会社によって違いますが、7リットルや6リットルと非常に持ちやすく、消費するまでの時間もかからなくなっています。水は開封と同時に鮮度は落ちてしまうので、一人暮らしや水の消費が少ない家庭でも、安心して利用できます。またボトルのサイズが小さいので、交換の負担も少なくなりました。


【水宅配は一人暮らしでも】

水宅配は家庭で利用するというイメージが大きいかもしれませんが、一人暮らしでも非常に便利です。従来のサーバーならお湯も直ぐに出すことができます。しかし、お湯は必要なときに沸かせばいいけれど、美味しいお水を飲みたいという人もいることでしょう。このようなユーザーが利用しやすい、温水機能などを取り払ったサーバーも登場しています。小さいサーバーなので置き場にも困りませんし、電気代の心配もいりませんね。