天然水の水宅配の成分

天然水が使われている水宅配は、ミネラルウォーターがボトリングされているのと同じです。天然水は硬度がありますが、水宅配に使われているものはほとんど軟水です。日本の水自体が軟水となっていますので、日本人は軟水を好む傾向にあります。そのため水宅配の天然水も、軟水が使われているのです。


<硬水>

ミネラル分を含んでいるものに軟水硬水がありますので、RO水は「超軟水」ということになります。天然水を使っている水宅配はミネラル分が含まれていますので、それによって水の硬さが変わってきます。水に含まれているカルシウム、マグネシウムが多ければ硬く、少なければ柔らかいのです。このマグネシウムやカルシウムの量を数字であらわして硬度にしますが、「硬水」は言われる硬度300以上の水を指しています。軟水ほど日本人好みの味ですが、味が重たい硬水はダイエットに適していると言われています。


<水宅配で硬水が少ない理由>

ただボトリングして飲むということでは軟水でも硬水でも用途に応じて使い分ければいいだけですが、宅配の場合にはウォーターサーバーで使うことが多く見られます。硬水だとミネラル分がウォーターサーバー内に付着して不具合を起こすことも考えられますので、あまり向いてません。